スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他利に生きる

機嫌良いアッシュ


被災地はゼロになったわけではない。
そこには社会の半分の構成メンバーである自然が残っている。

先祖から引き継いで来た海や大地が残っている。
それらとともに生きる人間のあり方も、祭りや行事も、
コミュニティーを形成しながら暮らす人間達の生き方も残っている、
人とともに生きてきた生き物も残っている。

文学的に語らなければならないグランド・デザインは、
その地域を復興させるには何を受け継いだらよいのか
読み取れる人たちを主体に、
残されたもの、受け継いでいくべきものをみつめるところから、
つくられていく必要があるだろう。
国や県はそれを支援することができるだけである。

今日の日本は、被災地の復興と日本のつくりなおしを
同時におこなっていかなければならない。

そしてそう考えるとき重くのしかかるのは
原発被災地の問題である。
ここでは未来の時間が停止され、
被爆した自然と放置された生き物だけがときを過ごしていく。
私たちにできるのは、この現実を抱えこむだけである。
                        内山 節


課題はこれからの日本の社会づくりの思想とはなにかである。


それなりに予算を投じれば、町らしきものはつくれるだろう。
しかしそこには復興はない。
必要なのは
身寄りをなくした高齢者が無事に暮らせる町や、
両親を亡くした子供たちが元気に暮らす町である。
あるいは町は永遠であると自信を持って語れるような町である。
その語りの中に、
文明の災禍をも招いた戦後史の思想を超えていく何かが
存在しているような町である。


 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜


ちょうど今、私がかかわっている公園での市民活動も、
地域のコミュニティーの拠点としてのグランド・デザインを、
模索している。


公園の利点として、

自然の風を感じられる。
四季の豊かな緑や、草花に会える。
近所のちいさな子供たちが、安心して遊べる広場。
犬の散歩で、パトロール。
高齢者がゆっくり歩ける。
防災の役割がある。
ほっとできる。心がなごむ。笑顔。
世代を超えた交流ができる。


公園に対するそれぞれのイメージを
ボランティア、公園を使う人、近所に住む人、
いろいろな立場に立って考え、
迷惑になりそうな使い方はどう伝えようか、語り合い、
地域に合った使い方のルールを、
行政の人といっしょに作っていく。
出口のみえないときもあるけれど、楽しいときもある。

行政が市民と、ともにあゆむ
都市部のコミュニティーづくりへの、
新しい試みがはじまっている。

他利に生きる。

いままさに、現体験中です。


木のベンチアッシュ



 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 


復興は「関係の再創造」としてとらえれなければならないだろう。
コミュニティの再建、再創造こそが復興なのである。
そしてコミュニティを共同体と表現しなおせば、
日本は、自然と伝統と人間の共同体として
つくられていたことを想起する必要がある。
自然と人間がどのような関係を結ぶのか、
自分たちの生きる世界をつくった先輩たちとどのような関係を結ぶのかが
復興の基盤にならなければいけないのである。
なぜなら、これらの関係をとおして、
無事な人間の存在をつくりだしてきたのが、
あるいは
みつけだそうとしてきたのが、
日本の社会だからである。


確かな生を取り戻していく時代への転換ができていけば、
政治も経済も社会も少しずつ変わっていくだろう。
巨大な政治システムや巨大な経済システムに翻弄されていく時代を、
人々は終わらせていくだろう。
地震、津波、原発事故という不幸な経験は、
確かな生は確かな関係とともにあるのだということを私たちに教えた。

                  内山 節 『文明の災禍』より


スポンサーサイト

No title

文、しっかり読んだよ。
写真、2枚ともすごくいいね!
冬休み中に公園で会うかな?
よいお年をね…。

No title

この年末の忙しい時に、
こんな長々としたブログにつきあってくれて
ありがとう!(=^ ^=)
いきなり会っちゃったね〜♪あの後チョッパーにも会ったよ♬
来年も元気に会おう!!!

良いお年をお迎え下さい♪

アトムママ~ 今年は色々お世話になりました!
  
SDCも紹介してもらったり、アトムと遊ばせてもらったり
あおいの指導・教育を沢山して頂きましたぁ~♪
    
時々公園で自転車でアトムorアッシュを引いているのを
見かけるんですが、不意に声を掛けると大変なことになりそう
で、いつもそっとご挨拶してます(笑)
   
来年もどうぞ宜しくお願い致します♪♪
アトムママにとって素敵な新しい年となりますようお祈りします。

No title

>あおいママへ

時々、バカッ走りをしていますが(はずかい〜見られてた?)、
大変なことになってもいいので、声をかけて下さ〜い。

いつもおせっかいおばちゃんの相手をしてくれてありがとう!
来年も、あおい家にとって楽しいことがたくさんありますように♬
こちらこそ、どうぞ宜しくお願いします(^0 ^)/
今年もあと3時間。よいお年を!!!

非公開コメント


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【他利に生きる】

被災地はゼロになったわけではない。そこには社会の半分の構成メンバーである自然が残っている。先祖から

まとめ【他利に生きる】

被災地はゼロになったわけではない。そこには社会の半分の構成メンバーである自然が残っている。先祖から

まとめ【他利に生きる】

被災地はゼロになったわけではない。そこには社会の半分の構成メンバーである自然が残っている。先祖から

まとめ【他利に生きる】

被災地はゼロになったわけではない。そこには社会の半分の構成メンバーである自然が残っている。先祖から
プロフィール

ASHATOM母

Author:ASHATOM母
FC2ブログへようこそ!

ASH:ゴールデン9才♂ 
 チョイ悪おやじ。
 たまに子供に戻る
ATOM:ゴールデン1才♂ 
 ガキ大将。
 最近大人になりつつある
ASHATOM母:K公園県人♀
 日々是好日 
 へたれ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。