上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M.jpg

今年もあと少しで終わってしまいます。


いろいろな事が、たくさんあった年でした。
忘れられないことがたくさんありました。
たくさんの方に、お世話に

あー!年が、、、年が明けてしまった。。。

なにはともあれ、新年あけましておめでとうございます

アッシュ、アトムともども、今年もどうぞよろしくお願いいたします!


スポンサーサイト
機嫌良いアッシュ


被災地はゼロになったわけではない。
そこには社会の半分の構成メンバーである自然が残っている。

先祖から引き継いで来た海や大地が残っている。
それらとともに生きる人間のあり方も、祭りや行事も、
コミュニティーを形成しながら暮らす人間達の生き方も残っている、
人とともに生きてきた生き物も残っている。

文学的に語らなければならないグランド・デザインは、
その地域を復興させるには何を受け継いだらよいのか
読み取れる人たちを主体に、
残されたもの、受け継いでいくべきものをみつめるところから、
つくられていく必要があるだろう。
国や県はそれを支援することができるだけである。

今日の日本は、被災地の復興と日本のつくりなおしを
同時におこなっていかなければならない。

そしてそう考えるとき重くのしかかるのは
原発被災地の問題である。
ここでは未来の時間が停止され、
被爆した自然と放置された生き物だけがときを過ごしていく。
私たちにできるのは、この現実を抱えこむだけである。
                        内山 節

→続きを読む

この本には、
これから、私たちが、このどうしようもない現実に立ち向かうための
ヒントがしたためてあった。



「森は海の恋人」という言葉を掲げて、
仲間とともに山に落葉広葉樹林を植えてきた、
宮城県気仙沼の畠山重篤さんは、
津波からまだ何日もたたない頃、
「それでも海を信じ、海とともに生きる」というメッセージをだした。
おそらく、津波との間で折り合いがついたのであろう。

自然から提供される情報は、その量がどれほど多くても、
判断能力を失ったり、バーチャルな情報に変わることはない。

青い海を見ている眼、
汐の香りを感じている鼻、
波の音を聞いている耳、
舌に感じられてくる海という生命世界、
そして皮膚がつかみとっている海の力。

このような生の情報を
身体で受け取り、身体で情報を処理し、身体で判断し、身体で動く。

だからこそ、あれだけの被災を乗り越え、
これからも海とともに生きることができるという
確信に満ちた判断をし、宣言をすることができたのだろう。

秋朝日の出前


→続きを読む

パソコンが壊れている間、気になる本を読んだ。
その中から。


2011年3月11日、次元の異なるふたつの災禍が同時に起こった。
地震、津波という
自然の災禍と、
原発の瓦解という私たちの文明がもたらした災禍、
すなわち文明の災禍とが。

余震やそれに伴う津波はまた起きるかもしれない。
だがそのことだけなら、人はこれまで経験して来たことでもある。
どんなに厳しくても、復興への道筋はきっと見つけ出せるだろう。
しかし文明の災禍から導き出される未来とはなんなのか。

原発事故はまだ進行中であり、大量の放射性物質が空中に放出されている。
姿もみえなければ臭いもない。
最終的にどのような結果をもたらすのかさえわからない
放射性物質の飛散という現実を抱えて、
私たちは生きていくしかなくなったのである。
                    内山 節 「文明の災禍」より




これから先、
何十年も、何百年もこの物質とつきあっていく覚悟が、
私たちに、今求められている。

CA3I0815.jpg
昨日(12/24)、
ラジオの、クリスマス特別企画深夜番組で、
沢木耕太郎が、


やりたいことや、好きなことは、

声を高くではなく、声を低く、

姿勢を高くではなく、姿勢は低く、

急ではなく、ゆっくりと、


こころを開いて取り組めば、

明日の楽しみに、ひとつ巡り会える。



その積み重ねが、

天路を歩むことにつながる。

生きる幸せにつながる。



アッシュのはな


CA3I0368.jpg


まーまー、ほいさん。
実感しています。ありがとう。

プロフィール

ASHATOM母

Author:ASHATOM母
FC2ブログへようこそ!

ASH:ゴールデン9才♂ 
 チョイ悪おやじ。
 たまに子供に戻る
ATOM:ゴールデン1才♂ 
 ガキ大将。
 最近大人になりつつある
ASHATOM母:K公園県人♀
 日々是好日 
 へたれ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。